光透過性樹脂のレーザ溶着方法および光透過性樹脂のレーザ溶着装置

Abstract

【課題】従来のレーザ溶着装置では、大出力のレーザ出力手段でないと溶着が上手にできない。長尺の光透過性樹脂材の連続溶着が上手にできない。溶着品質が均一でない。生産性が悪い、という課題があった。 【解決手段】表面がレーザ光を反射する反射面をそれぞれが有し、第一の樹脂材の外周形状に対応した断面形状を持つ凹部溝と当該凹部溝の両側上方に形成した壁部とを備える反射治具を用い、レーザ光を透過する第一の樹脂材と第二の樹脂材を当該凹部溝に載置し、反射治具の上に、反射治具の凹部溝に対向する反射面を有する反射蓋を載置し、レーザ光照射手段により凹部溝に向けてレーザ光を照射して、第一の樹脂材と第二の樹脂材を通過したレーザ光を反射治具の凹部溝、壁部および反射蓋の各反射面間で繰り返し反射させて、第一の樹脂材及び第二の樹脂材を加熱して、溶着させている。 【選択図】図1

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (5)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2009248322-AOctober 29, 2009Ito Yoshihiko, 伊藤 仁彦レーザー溶着方法
      JP-2009532236-ASeptember 10, 2009フレゼニウス メディカル ケアー ドイチュラント ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツングFresenius Medical Care Deutschland GmbH成形プラスチック体を接合するレーザー透過溶接方法
      JP-2011143653-AJuly 28, 2011Nitto Denko Corp, 日東電工株式会社樹脂部材のレーザー接合方法
      JP-2012500120-AJanuary 05, 2012ライスター プロセス テクノロジーズレーザヘッド及びレーザ照射による管状部品の接合方法
      US-2006000812-A1January 05, 2006Jan Weber, Holman Thomas JMethod and apparatus for controlling and adjusting the intensity profile of a laser beam employed in a laser welder for welding polymeric and metallic components

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle