シクロアルカン誘導体

Abstract

痛みの治療薬及び/又は予防薬、あるいはナトリウムチャネルが介在する疾病の治療薬及び/又は予防薬を提供する。下記の式(I)で示される化合物またはその薬理上許容される塩:Ar1、Ar2:ヘテロアリール基、アリール基;R1、R2、R3:水素原子、ハロゲン原子、C1−C6アルキル基、ハロゲン化C1−C6アルキル基、ヒドロキシC1−C6アルキル基、C1−C6アルコキシC1−C6アルキル基又はC3−C7シクロアルキル基、シアノ基;R4、R5:水素原子、ハロゲン原子、C1−C6アルキル基、ハロゲン化C1−C6アルキル基、水酸基、ヒドロキシC1−C6アルキル基、C1−C6アルコキシC1−C6アルキル基、C3−C7シクロアルキル基、C1−C6アルコキシ基;n:1から3の整数;ヘテロアリール基及びアリール基は、ハロゲン原子、C1−C6アルキル基、ハロゲン化C1−C6アルキル基、水酸基、ヒドロキシC1−C6アルキル基、C1−C6アルコキシC1−C6アルキル基、C3−C7シクロアルキル基、カルボキシル基、シアノ基、アミノ基、C1−C3アルキルアミノ基、ジC1−C3アルキルアミノ基から独立に選択される基1又は2を有していてもよく、2の場合は同一でも異なっていてもよい。
痛みの治療薬及び/又は予防薬、あるいはナトリウムチャネルが介在する疾病の治療薬及び/又は予防薬を提供する。 下記の式(I)で示される化合物またはその薬理上許容される塩: Ar 1 、Ar 2 :ヘテロアリール基、アリール基; R 1 、R 2 、R 3 :水素原子、ハロゲン原子、C1−C6アルキル基、ハロゲン化C1−C6アルキル基、ヒドロキシC1−C6アルキル基、C1−C6アルコキシC1−C6アルキル基又はC3−C7シクロアルキル基、シアノ基; R 4 、R 5 :水素原子、ハロゲン原子、C1−C6アルキル基、ハロゲン化C1−C6アルキル基、水酸基、ヒドロキシC1−C6アルキル基、C1−C6アルコキシC1−C6アルキル基、C3−C7シクロアルキル基、C1−C6アルコキシ基; n:1から3の整数; ヘテロアリール基及びアリール基は、ハロゲン原子、C1−C6アルキル基、ハロゲン化C1−C6アルキル基、水酸基、ヒドロキシC1−C6アルキル基、C1−C6アルコキシC1−C6アルキル基、C3−C7シクロアルキル基、カルボキシル基、シアノ基、アミノ基、C1−C3アルキルアミノ基、ジC1−C3アルキルアミノ基から独立に選択される基1又は2を有していてもよく、2の場合は同一でも異なっていてもよい。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (5)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2010533652-AOctober 28, 2010アイカジェン, インコーポレイテッドナトリウムチャネル阻害物質
      JP-2014532640-ADecember 08, 2014ゼノン・ファーマシューティカルズ・インコーポレイテッドXenon Pharmaceuticals Inc., ゼノン・ファーマシューティカルズ・インコーポレイテッドXenon Pharmaceuticals Inc.ベンゼンスルホンアミド化合物および治療剤としてのそれらの使用
      WO-2006038594-A1April 13, 2006Ono Pharmaceutical Co., Ltd.N型カルシウムチャネル阻害薬
      WO-2010079443-A1July 15, 2010Pfizer Limited, Icagen, Inc.Sulfonamide derivatives
      WO-2012004714-A2January 12, 2012Pfizer Limited, Icagen, Inc.Composés chimiques

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle